ジルさんと乃木坂46のふわふわな日々

日々の乃木坂活動のメモ書き。乃木坂46を追想します。推し箱はアンダー。推しメンの名前を私はまだ知らない…。

ジルさんの乃木坂46な日々 vol10

 

さて、日々の乃木坂活動を記していくと宣言したわけですが、私は意外なほどに乃木坂46を見ていないことに気がつきました。録画をするなどして、好きな時に動画を見て、好きな時に音楽を聞き、そんなパターンが多かったので、テレビ番組やラジオをライブでみたり聞いたりすることはあまり多くはありません。ですが今回の有線大賞はライブで見てみることにしました。有線大賞での乃木坂ちゃんはインフルエンサーで登場。欅坂、乃木坂、AKBと3グループ連続でのアイドル登場となりました。

 

私がこの番組で印象的だったことを2点、少し書いておきます。

 

まず一つは、演歌歌手のなんとかさんが私はアイドルを10年やったあとに転身したんだと何度か強調しながら語っていたこと、当時のアイドルの地位は高くなく、アイドル出身を公にひけらかすことは恥かしいようなことでもあったのではないかと推測できるわけですが、現在ではアイドルであることがステータスになってるような、そんなイメージで語ってるように見えました。

 

次に、少し話は有線大賞とそれますが、ライバルとされるAKBの不調っぷりです。坂道グループは乃木坂と欅坂の二つがそれぞれ独立して出場しているのに、AKB48はグループ全部のメンバーから寄せ集めで一つにごちゃまぜにならないと出られないというところに不安感を感じるわけです。

乃木坂や欅坂が躍進していくなかでAKB48がそのパイを奪われ衰退してしまい、女性アイドル界全体が縮小傾向にあっては本末転倒だと感じます。みんながみんな良くなることは理想ではありますが、生産性のある競争をしながら、自分たちのパイが大きくなるように活動を続けていって欲しいところです。

要するにAKB48グループを衰退どころか言葉は悪いですが駆逐させてしまうと、かえって全体的な利益を損なうのではないかという懸念が少しあります。事実としてAKB以外に姉妹グループは殆どテレビで見られなくなってしまいました。かつてはAKBで3グループ、坂道で1グループくらいが相場でしたが、今は坂道で2グループ、AKBで1グループと全体としては勢いがなくなってしまっています。こうしたし烈な競争の中で全体が縮小することがないように考えていきたいですね。

 

有線大賞の乃木坂ちゃんに戻りますが、インフルエンサーをいつものように披露していました。しかし、会場が東京プリンスホテルの豪華で綺麗な場所ですので、心なしかいつもより緊張しているように見えました。このインフルエンサーという楽曲は、何かに対するリアクション系の楽曲に見えるので、対抗となる騒がしい何かがないと映えません。今回は会場がその役割を果たしていて?落ち着いたトーンのインフルエンサーのぶんぶんダンスがより一層際立ったような気もしましたが、まだまだこのダンスは難しいので気分よく踊れているようには見えなかったところが少し心残りです。

 

それにしてもテレビのライブで乃木坂ちゃんを見るのは心が洗われたような気がすると同時に、何度も見すぎていて、初心の人の視点、気分のようなものが想像できなくなってしまってることに幾分かの切なさを感じます。乃木坂46とは未来への希望、そんな大袈裟な言説もありますが、私は乃木坂46とは悲劇であるのだと理解しています。そんなわけで?今後も乃木坂46を見続けていく決意をして今回は終わろうかと思います。