ジルさんと乃木坂46のふわふわな日々

日々の乃木坂活動のメモ書き。乃木坂46を追想します。推し箱はアンダー。推しメンの名前を私はまだ知らない…。

乃木坂46の20枚目シングルの選抜フォーメーションを予測してみる

 

こんにちわ。選抜発表は突然に。唐突ですが乃木坂46の20枚目シングルの選抜フォーメーションを予測してみます。

その前にまずは表題曲のタイトルを考えてみることにしましょう。曲のイメージから選抜が決まることがあるかもしれませんし、ちょっとプロデューサーになったかのような気分にもなれます。

乃木坂のシングルは前のシングルとの連関、関連はあまり感じさせません。ですから単発で自由に作品を作っているのだと思われます。

さて、それでは表題曲の案を3つほど挙げてみますね。

 

インディペンデンス・デイ

 

ええ、これは独立記念日という意味ですが、ついに例のあのこと、初期の思いの数々から独立したんだという意味が込められています。

 

パーティで遊ばれて

 

まだまだテンションあげていきまっっしょーという曲です。それでいながら少しもの寂しさも感じるタイトル案になっています。

 

記憶のスタンダードから 

 

乃木坂のこれまでを完結した記憶として、まあ、これからの活動に組み込んでいくんだという、そんな感じの思いを込めています。

 

さてさて、とりあえずはタイトル案は決まりました。

20枚という区切りなので、過去の活動と未来の活動をつなぐような、いまここにいることの意味を感じる曲になれば良いのではないかと思って考えてみましたがどうでしょうか。

それではいきなりですが20枚目の選抜メンバー発表しちゃいますよ?

当てにいっちゃいますよ?!?!

鳴いても叫んでも行きますよ!!!!

 

それではどーぞ。どーん!!

 

四列目 衛藤 生駒 桜井 松村 真夏 若月 高山

三列目   星野 堀未 生田 井上 飛鳥

二列目    与田 久保 山下 大園

一列目     白石 空白 西野

 

ええ、なんか色々と突っ込みどころがありますね。

まずは基本的なところから説明していきましょう。今回は乃木坂史上初の四列目制を導入します。また、フォーメーションは7-5-4-3で19名。

そしてなんとセンターは空白さん!!です。いやいやいや、これには考えがありまして、今回のセンターは残りの全員の皆さんなんです。空白のセンターの座を賭けて残りのアンダーや三期生の皆さんがバラエティのお約束に従いながら色々とデュエルをして頂きます。

この配置は、四列目制を採用したことでよりメンバーが縦に並ぶことになり、立体的になるということ、そして横のつながりを重視することでメンバーの絆が高まることを意図しました。

さらには誰でもセンターで良いじゃんという何となくファンのそこにある思い、ランダム、偶然が魅せる面白さを考慮して空白さん!がセンターとさせていただいています。空白さんが誰になるかによって乃木坂がどう変化していくのかが楽しみですね。

 

さて、いかがでしたでしょうか?マンネリ化した乃木坂に新たな風は吹きましたか?

実現するかどうかは不明ですが、乃木坂46とは、今やAKB48を越えてアイドル戦国時代の頂点を極めて覇権アイドルです。乃木坂46の一挙手一投足にみな注目ですね。

それでは今後の乃木坂46の発展を願いながら今日のところは終わりにします。

 

おらちゃん「おらもセンターやりたい!おらも!!

?????「ジル先生、欅坂は空白に入りますか?」

 

寝言は…と言いかけながら読書にふけるジルさんより