ジルさんと乃木坂46のふわふわな日々

日々の乃木坂活動のメモ書き。乃木坂46を追想します。推し箱はアンダー。推しメンの名前を私はまだ知らない…。

ジルさんと乃木坂46な日々 vol7

f:id:persist2222:20170924231058j:plain

 

今回は、乃木坂46の東京ドーム公演の1次抽選結果について記します。その他、AKB48のじゃんけん大会についてなど雑感もあります。

 

いきなりですが11月8日の最終日、当たりました。

ええ、はい、初めてのライブ参戦が東京ドームになります。

 

具体的にはvol1にも書きましたが、モバイルの1口のみで1人での当選です。

今回はサイズブックとマネーパートナーズ経由の申し込みもあり、2DAYSですので最大で6口応募できたようですが、ネットで当選報告を見た限りは多く申し込んでも落ちたという人もかなりいたようです。

 

ちなみにコンビニ払いにしたので支払期限は9月27日の23:59までですが、確認をしてからすぐにコンビニへ行ったのでぬかりはありません。忘れると自動的にキャンセルになってしまうので注意したいところです。発券は10月28日からということですので楽しみに待ちます。

 

さて、当選してお金も払ったので後は、神戸から東京への移動計画を立てたり当日の行動マップを簡単に作成してみたいところですが、こちらは後々考えます。

乃木坂46にとって東京ドームで公演できることは当然なようでもようやく実現した誇らしい出来事です。そんな東京2017に参加できることはとても幸運で至福です。

 

ところで、キャパ5万5000人×2DAYSでチケット難民が出てしまう問題についてですが、私はライブビューイングなりネット中継の導入を強く求めます。

一部の論者の間ではライブは現場に行かなければ意味がないだとか、一体感や同一感を得るためには現場一本に拘るべきだとか、そういった言わば根性論的な言明がはびこっているようですが、私は実際性を現実的に考えて、需要がある人に全てに参加してもらうために平等に誰でもお金を払えばライブを見られるような技術的仕組みを考えるべきだと思うわけです。

要するに、飢餓感を煽るだとか、プレミア感を出すとかそういう言い訳に頼るべきではない。なぜ、いますぐやれることをいま、やらないのかという思いはあります。

 

乃木坂46とは今や個人の思いを越えた国民的なみんなのアイドルなわけですね。

 

さて、そんなことを考えながら本日はAKB48グループのじゃんけん大会を見て考えたことを記したいと思います。

このじゃんけん大会は毎年のように開催しているようで、今回は予選を勝ち抜いた48組が優勝特典のCDデビューをかけてじゃんけんでトーナメント戦を戦います。AからDブロックまであり、ブロックを勝ち抜くとMVが作られるとのことでした。

結果は私としてはよく知らない若手の子たちが優勝したわけですが、全体的な印象としては清楚系の天使みたいなイメージの衣装の子たちがよく勝っていたように見えました。印象に残ったのはLILというチームですが、彼女たちの笑わないで淡々と勝ちこんでいきたいというクールさにしびれました。登場チームについてもう少し語りたいこともあるのですが、全体的に知識不足ゆえにここでは割愛します。

 

そこで、せっかくですからジャンケン自体について少し書いておきます。

私が思うにジャンケンとはテンションのぶつかり合いだと思うのです。テンションの読み合いというメンタル面の側面もありますが、基本的にはテンションを相手にぶつける、気合というオーラを放出するゲームであるのだと思います。

技術的なことを述べれば、まずジャンケンは勝ちか負けか引き分けかしかありません。そして驚くべきことに3分の2の確率で敗北は避けられます。つまり66%以上は負けないのです。負けると言うことは相当に運が悪い状況だとも言えるのですね。もちろん相手も同じ状態ですから期待値に差はないのですが、心理的にはこのことを知るだけで少し楽になるような気がします。

ジャンケンの基本的な戦略として、出す手を宣言する、あるいはあらかじめ想定するということが考えれますが、私はAKB48のジャンケンを見ていてこれは危険な賭けであるなと思いました。そこでダブルチョイス法というジャンケン戦略を思い浮かべたので紹介します。

ダブルチョイス法はその名の通りで選択肢を2通りに絞ってしまう方法です。要するにグーかパーを出すと決めてチョキは出さないといったように、選択肢をダブルにチョイスします。仮にこのことを相手に宣言したとすると、相手がそれを信じる場合は、グーかパーを想定するわけですからそれに負けない手を出せば良いのでパーを出すことになります。信じない場合は、チョキが出てくると想定されるわけですからグーを出せばいいことになります。ここで2つのケースを合わせて負けないような手を出すとすると、パーしかないことになります。

 

ですのでダブルチョイス法での必勝法はもう分かりましたね?

 

そうです、答えは僕らの手の中…

 

おらちゃん「ジルさんはくるくるパーだ、パーだ!!」

おらちゃん「おらはグーかチョキかパーを出すぜ。グーチョキパー、グーチョキパー。グー…」

 

 

欅坂46の5thシングル選抜発表を楽しみに待つジルさんより