ジルさんと乃木坂46のふわふわな日々

日々の乃木坂活動のメモ書き。乃木坂46を追想します。推し箱はアンダー。推しメンの名前を私はまだ知らない…。

【地域ビジネス】地域のルートを用いる場合の集合移動から派生する休養的システム

地域を移動する場合に、あるいは地域を移動することを求める場合に、考えることはなんであろうか。地域とは日本においては魔境であると言っても過言ではない。そこでは入念な準備が欠かせない。特に、事前の下見と交通網のチェックは必須である。集合で、もしくは集団で移動するとなれば、そのリスクは飛躍的に上昇するだろう。

 

本レポートでは、地域を活用する場合の移動リスク、滞在リスクについて、簡単に分析し、地域をナビゲートするものの在り方について俯瞰したい。

 

その前にリスクとは何であるかを考えたい。リスクとは想定されうる最低限度の事案、としても良いが、ここでは過去に起こった前例が、それが発生することが容易に想像できるような状態であり、そのことが実行あるいは実現可能な状況を指してリスクと呼ぶ。例えば、ここは津波地域であるとかそういった類の話はリスクとは認定せずに、あくまで一つの情報として考える。リスクとは、かつての前例が改善されずに放置されているような状況であるから、人の流れが雑然としているような場合はリスクになるだろう。

 

それではまず、移動のリスクについて考えたい。ここで問われるのは移動とは物資の輸送的な意味ではなく、人々の移動とは旅行と同義であるという元来からの自然なテーマである。人々の移動は何よりも快適である必要がある。その要請においては、最短であるとか最安である移動方法である必要はない。移動が適切であるのはその移動手段、移動方法が人々に休養を与えることであろう。

 

次に滞在リスクについて考えたい。滞在は、その場所で最も豪華で質の良い場所に泊まることに越したことはない。むろんこれは予算との相談になるだろう。さらに問題になるのは、目的のイベントなりビジネスを終えた後のスケジュールである。通常であればイベントを終えれば撤収するものであるが、一日余分に時間を取ってでも自由な余暇として過ごしてみるのは面白いのかもしれないし、気分も安らぐことが多い。時間に追われない生活、時間が存在しないような生活こそが最適なのだ。

 

以上、非常に簡単ながら移動リスクと滞在リスクについて分析してきた。最後には地域をナビゲートするものの在り方について俯瞰しよう。

 

地域とは魔境である。いうなれば何が起こるかは分からない。だからこそ飛び込んでみる価値はあるのだろうが、だからこそ準備は必要になる。地域では何に追加資金が必要になるか不明確だし、何が地域の人々の琴線に触れるかも不明確だ。そもそもそこに住んでる人ですら分からないような数百年前の郷土史などで埋もれている。そこで、使途が明確な予算の2倍~5倍程度の保証、保証とはマネーや環境整備コストなど様々あるが、主にマネーを用意していくことが肝要である。

地域をナビゲートするものとしては、地域の歴史を簡単に調べてから郷土と風土を感じられるように工夫したいところだろう。