地域社会、広島県新尾道、兵庫五国と神戸郡神戸市に関して

広島県・兵庫県地域、神戸市地域の広域行政を創造しながら散文あるいは韻文するブログ ※外部のサイトで当ブログを宣伝したりすることはありえません

【神戸市の冒険】第一回 地元民の振りをして新神戸駅周辺を1時間だけ散歩してみたぞ

おはようございます。

 

本日は朝も早くから6時に、非常に極めて簡単に新幹線の停泊駅たるJR新神戸駅を探索、もとい冒険してきました。冒険というものは何も予定を組まず、何も目的場所を定義せずただ気の向くままに歩いてみることを此処では指します。

 

さて、新幹線の停車駅を探索するには最低でも二人の人員が必要になることは言うまでもありません。お堅い周辺区域ですし、何より朝ですから人もまばらで暇です。ですので、最低でも二人以上の、しかも異姓を呼んで探索してみましょう。

 

このことを、あの有名な楽曲の二人セゾン??いや、二人ゼノン??

いやいや【二人散策】と呼ぶことにします。

 

二人散策とは、異性を伴う二人以上の知り合いが、新幹線停車駅の周辺区域を2~3時間程ぐだぐだと喋りながら散策し、2000円程度の予算でランチを食べるという少し贅沢な高等遊民生活を体験すること

 

二人散策では、特定の目的地は決めません。目的意識もありませんが、昼までには新幹線の停車駅に戻ってくることを絶対とします。ですので、帰りは徒歩よりもタクシーなりで駅まで戻って来ましょう。今は全国タクシーなるアプリがあるそうで全国どこでも一律にタクシーを呼ぶことが可能です。

詳しくは全国タクシーで検索ください。

 

ここで最大の課題を発表します。

 

二人散策では地域のイベント情報を確認することが主な楽しみです。また朝ですから誰もいない閑散とした街の音を楽しむことができます。街歩きが好きな方々にはうってつけの生活スタイルになるような気もしてます。

 

ところで、話は戻りますが、二人散策の課題としては通学のお子様に出くわす場合があるということです。大都市であってもそこに住まう地域の人々の生活がありますからそこに溶け込むにはまず挨拶が大事です。

 

例 道ばた咲いてた子供には、今日も元気に挨拶だ!

 

我々「私はハラダアオイ、46歳!」

相手「What did you say now?」

 

太陽が一瞬、怯んだ気がした。

 

そうだまずは観光地では英語を覚えよう…。

 

第二回に続け?