地域社会、広島県新尾道、兵庫五国と神戸郡神戸市に関して

広島県・兵庫県地域、神戸市地域の広域行政を創造しながら散文あるいは韻文するブログ ※外部のサイトで当ブログを宣伝したりすることはありえません

【坂道46小説第2話】あの世界で再び会えるなら、夏の景色を見た

第二話 旧友襲来

 

また同じことの繰り返しじゃねえかあ、使えねえなあ

 

そうミリアは新入りで後輩のマイ・サカモトに当たり散らしていた。

ミリアは20歳ながら魔導省の次席広報官に任命されたスーパーエリートだ。

 

魔導と魔導省についての詳しい説明はここでは割愛するが、魔導省はどこの国家にでもあるような法務省の外部諮問機関である。キリスト教仏教などの宗教が形骸化したあの例の時と同じくして、魔法と称する超越的論理と知性を持つ法的人格集団が瞬く間に既存の権力、権威、伝統を打ち砕いた時代の名残である。

 

マイ・サカモトは実はアンドロイド型ヒューマンだ。現代では珍しくなくなったがヒューマンという人種は魔導士が操作しなければ制御がきかない。

 

ミリアは経済法律新聞、いわゆる経法新聞を読みながら再びマイをしかりつける。

 

「いいか?もうアンドロイド型ヒューマンが必要とされる時代は終わった。

お前みたいな能無しは豚の餌になるくらいしかないんだ。ワルプルギスの夜だってもうすぐ発生するみたいだし」

 

「ワルプルギスによるとは?」

 

「だーからーそんなことも共鳴できないからお前は使えないの。分かるか豚が。」

 

ミリアは相当お怒りの様子である。

そこに法務省政務官殿が現れる。あのいまいましい今泉の野郎だ。

 

今泉は開口一番、ミリア広報官に注意をする。

 

「ミリア君、いまはヒューマンといえども人種人権法で保護されていることを、くれぐれも忘れないように」

 

ミリアはこれまたまたかよという表情でマイと一緒に部屋に戻っていった。

そして協会にさっそく電話をかける。

 

「今度のサポーターは使える奴なんだろうなあ」

 

「はい、なんでも最終口頭試験まで進んだお嬢様らしいですよ」

 

「ほーん。それならまあ期限までには間に合いそうか」

 

そんな会話を二、三続けるとマイがお味噌汁を用意していた。

 

「マイー、ここはお茶だろうがよお、データ消すぞこらぁぁ」

 

「まあまあミリア、落ち着きなさいよ」

 

はっとするミリアを通り抜けるようにマイ・サカモトと同じ顔をした若い女性が話しかける。

 

「ん?お前はヒューマン??そんな話し方ができるとは聞いてないし、えっ、そこにマイがいるからマイが2体??」

 

「私はミリアに大切なお話があってきました。法務省からの通知も承っています」

 

ミリアは茫然と立ち尽くしたまま何も言えないようであった…。続く