ジルさんと乃木坂46のふわふわな日々

日々の乃木坂活動のメモ書き。乃木坂46を追想します。推し箱はアンダー。推しメンの名前を私はまだ知らない…。

ジルさんと乃木坂46な日々 vol6

f:id:persist2222:20170921123839j:plain

www.youtube.com

今回は乃木坂46の19枚目シングル「いつかできるから今日できる」のMVの感想を記したいと思います。

 

さて、その前にいつものようにおらちゃんを呼びたいと思います。

 

おらちゃーん…

 

おらちゃん「うるさいなぁ、ジルさん。おら平日だけど休日だから寝てたんだよ?」

 

乃木坂46のMVが公開されたけど見た?

 

おらちゃん「わんわんわんわんわん」

 

あれ、おらちゃん急ににどうしたの?

 

おらちゃん「だっていつか出来るから~ってタイトルだから犬になってみたんだ。分かる?」

 

できる=キャン(can)だけにきゃんきゃん吠えてみたってわけか。

 

おらちゃん「それだけじゃないけどね。canには推定の意味もあるから可能性をも示している。つまり、わんわんプレイは奥深いんだぜ。まあ、いいか。ジルさんもMVを何度も見返せばわかるよ。おらはMVを10回以上見ていて気がついたことが大きく3つあるんだ」

 

おっ、気合入ってるね。その前にジルさんの意見を言わせて貰おうかな。今回のMVについてだけど、テーマは「違う自分になること」だと思うんだ。ちょうどあさひなぐって映画が公開されるけど、少し予告を見た感じでは普通の女の子の冒険譚と成長譚だった。

今回のMVもそれにかかっていて映画の主役の西野七瀬や、舞台版の主役の斎藤飛鳥の心の成長を描いたものであるように見える。いつものように日常が始まる中でほんのささいなきっかけが女の子を変えていくわけだね。

 

おらちゃん「ジルさん、ちがーう。歌詞には違う自分になろうとしてたこと、とあるから明らかに違う自分になれた女の子のストーリーではないんだよ。違う自分になろうとしていたこと、その過去への思いが描かれているんだ。解釈にもよるけど、どちらかと言えば後悔や自責の念のが強い曲調であることは、イントロやAメロから感じる悲壮感なり切なさをくみ取れば分かるはずだ」

 

確かに。違う自分に変わろうとしていた、というある時点における過去形の表現だから、要するに過去への振り返りだとしたら、変化していく女の子の成長や青春を描いたものとは180度も様相が違ってくるね。さすがおらちゃん、今日はなんだか鋭いね。

 

おらちゃん「過去との決別。それが第一の発見だとすると、さらに言えばあと二つ大事なメッセージが隠れてるんだけど分かるかな?」

 

うーん、分からん(゜-゜)

 

おらちゃん「へへへん。じゃあ説明するね。第二のメッセージは、また歌詞から引用して考えると、まさに、いま、すぐ踏み出せるようなことでも、ここにあるのは紛れもなく現実であって現在(いま)なんだってこと。われわれ現代人は、時間など何かに常に追われている生き急いだ人生を送っていることが多いけど、そうした拙速への警鐘でもあると思うんだ。」

 

なるほどねえ。歌詞に密かな決心はどこへ捨てた?、ともあるけど過去の自分との決別なんてものは全部ウソだし、なぜ、いまなんだ?ってことも密かなポイントになってるような気がするね。歌詞の流れでは「今できる」あるいは「今できよう」とはうたっているけども、そんなことを今更考えているようでは遅い面もあるよね。

例えば、できている人、富める人からみれば、特定のタイミングでできると思う必要性も必然性もあまり感じられない。常にできているから、できている日常が普遍化してるわけでその行為なり規範を意志する価値がないとさえ言明可能だ。

だとすると、要するにこの曲調にこの歌詞、そして青春的なエネルギーを感じる映像からすれば、やはり失敗した人や落伍した人へのメッセージともとれるし、そういうものへのアンチテーゼ的な自負でもあるとも取れるね。

 

おらちゃん「ジルさんも少しは目が覚めてきたようだね。簡単に言えば、きっかけというものは厳密性を持っているというのがおらの持論だから、きっかけは決心の理屈であり理論なんだ。シンクロシニティという言葉はジルさんの好きな言葉だけど共時的な偶然性って意味だっけ?」

 

意味のある偶然性ってことだね。この世界はデイビット・ヒュームが到達したように、因果関係には論理的必然性がないというのが形式上の真理だけれども、仮にここでは現象による現象の為の、カオスな偶然性が存在するとすれば、それは価値創造的であるから、表現する意志の介在が認められ、検証不可能であろうがなかろうが、必然的な結果は固定的だとすると、結果にのみならず、その因果関係、つまりは決心のきっかけも理屈であると言えるんだ。

 

おらちゃん「おらそんなところは難しくてわかんね。でも秋元康先生が書いたきっかけってのは大ウソである面もあるんだなって今にしてみれば思い浮かぶんだけど、感情的な話は信頼性が一番だから難しいんだ。」

 

おらちゃん「それでね、ジルさん。第三のテーマなんだけど、あれ?おーい、ジルさーん、ジルさーん」

 

ジルさんはもうここにはいなかった。

 

たぶん何らかの決心をしたんだろう。それこそ今度こそは理屈じゃなくて…。

 

昼下がりの団地妻のコスプレをしてみたい犬のおらちゃんを探しながら

 

おらちゃん「わんわんわんわんわん、わんわんわんわん…」

ジルさん「わんわんわんわんわん…」

 

二人は二重詠唱した。要するにじゃれているだけろうが。

おらはペット。おらちゃんはペット。今でもジルさんはそうつぶやいている…

 

 

f:id:persist2222:20170921134953j:plain

画像はツインテール星野みなみと物憂げな秋元真夏

 

参考 カール・グスタフユングによるシンクロシニティ概念より

ジルさんと乃木坂46な日々 vol5

f:id:persist2222:20170918170828j:plain

 

本日9月18日は、Mステスーパーライブがありました。我らが乃木坂46は横浜での個別握手会の途中に特設ステージで「インフルセンサー」をパフォーマンスすることになります。

一方の私はというと、休日ですから13時くらいに起きました。ふいにテレビをつけると乃木坂ちゃんが映ってる状態で、何がなにやら訳も分からぬまま生パフォーマンスを視聴するわけです。

 

以下は隣で見ていたおらちゃんとの回想になります。

 

おらちゃん「ジルさんがいつも言っている一回性のオーラとかいうものによれば今回のステージはどのような意味をもつんですか?」

 

※ここでは、一回性のオーラとは、複製技術を基礎とする芸術様式(写真や映画など)において、オリジナルの作品から消失する「いま、ここ」に「ある」ことを根拠とする権威的な力動と定義します。

 

ジルさん「そうだねえ。例えば日頃のとあるさゆりんがいたとするでしょう?」

 

おらちゃん「さゆりんはいつもさゆりんだし可愛いよね」

 

ジルさん「でも今日のさゆりん、今日だけの特別なさゆりんだっているでしょう?」

 

おらちゃん「???今日のさゆりんだって日々の中のさゆりんだよ」

 

ジルさん「でもね、今日のさゆりんをいくら記録したとしても、記憶したとしても、今日のさゆりんというものは、一回限りの、質的にはどの時点においてでも異なるさゆりんなんだよ」

 

おらちゃん「おら難しくてわかんね。量的にはさゆりんはいつもさゆりんはさゆりんだもん」

 

おらちゃんは頭が混乱して自分の部屋へと戻っていった。

 

ここで少しだけ考えるとすれば、その作品の一回限りの性質というものは本来は自然的に存在したものではないだろうか?だとすれば繰り返し複製することでその価値は相対的に目減りすることにはなるだろうし、作品とは根本的に何かの複製であることになる。

 

はて、そうは言っても今日の「インフルエンサー」生パフォーマンスは、ステージが横浜の日常風景の一コマだ。仮に複製されているのがステージとなる世界の方だとすれば、作品を発表してパフォーマンスをする乃木坂のメンバーは流動的であれ実存的にであれ常に一定の存在となる。

それは没個性化しない芸術的自我を持つかのように、複製される世界に対して一定の距離を保ちえているがために、ほかの存在からは届かないものとなっている。

 

それが乃木坂46なのである。

それが実は世界が複製可能であることの実存なのである。

 

f:id:persist2222:20170918181540j:plain

 

世界は美しい。だからかなのか、もしくはそうした世界の意思とは無関係になのか、いずれにしても我々は根源的には生きることを拒絶している。それは死というものが概念のレベルから物理的な実体のレベルから存在し作動していることからも明らかだ。

 

泥臭くても、笑われようとも生き抜くことが求められている世界で。

 

やはり君は美しい。世界は美しい。命は美しい。

 

追記

私、ジルはついにウェブショップでライブグッズを注文しました。買ったものは、とあるメンバーのマフラータオル一つ。夏の全国ツアーの黒Tシャツ。そして乃木坂専用のペンライトである。

総計は1万2000円で10月末から11月5日までには届くとのことでした。非常に楽しみに待ちながら今日も同じような日々を過ごします。

 

参考 複製技術時代の芸術 W・ベンヤミン

ジルさんと乃木坂46な日々 vol4

f:id:persist2222:20170918005100j:plain

 

今回は2017年9月17日の乃木坂工事中(123回)の感想を書きたいと思います。

まずは公式サイトから内容を引用しますとボーダークイズの後半戦のようですね。

 

 ★9月17日(日) 深夜0:00~放送予定

乃木坂工事中は…
失敗したら即ドボン!
知ってて当然ボーダークイズ後半戦!
間違い連発で絶叫の嵐!
粉まみれになるメンバー続出!
まさかの珍解答も!

http://tv-aichi.co.jp/nogi-kou/

 

ここで例のおらちゃんが登場。

 

おらちゃん「ジルさん、ジルさん、最近の乃木坂工事中は特に面白いよ。深夜にたまたまチャンネルをつけたらふいに見始めてしまって癒されるアイドル番組って感じになってきたんだ」

 

私はこれまでと何が変わったのかと考えようとするのだがその方面に関してはあまり知識がない。

 

おらちゃん「おら気がついたんだけど、クレジットのトップが今まではスーパーバイザーの窪田さんだったのが企画・秋元康に変わったと言うか戻ったんだ。そしてプロデューサーに今野さんが新しく入っている。」

 

私は今までもそんな感じだったような気がするし、今野さんは前から工事中のプロデューサとして名前があったような気もするんだが、とにかくおらちゃんが言うように乃木坂工事中が深夜番組として面白くなってきたことには同意だ。

 

さて、肝心の今回の内容に触れよう。

 

今回はボーダークイズの後半戦。簡単に内容を説明すると、2チームに分けてのクイズ対決です。まずは生贄となるメンバーが選ばれます。そのメンバーは5メートルの台の上に立たされてチームのメンバーがクイズに失敗すると割れ目にドボン。単にそれだけです。

回答するメンバーを5人選び、生贄メンバーに関する問題が出題されるのですが、初級・中級・上級と問題が用意されていてそれぞれ既定の正解者数をクリアする必要があります。初級問題は5人、中級問題は3人、上級問題は1人が正解すればクリアになります。

 

前回は星野みなみちゃんや齋藤飛鳥ちゃん、西野七瀬ちゃんがチャレンジしてわいわいと落ちたり助かったり盛り上がったわけです。

 

今回選ばれたのは斉藤優里ちゃんや衛藤美彩ちゃん、樋口日奈ちゃんでした。特に最後の樋口日奈ちゃんは少しのドラマ性があったのでこれまた簡単に振り返ります。

 

樋口日奈ちゃんはとても可愛らしい少女です。冒頭の写真にも写っていて左から3番目のポニーテールの女の子になります。

 

愛称はひなちま。これと言って特技などはないのですが、ふにゃふにゃとした可愛らしいお嬢さんで誰からも愛されるようなタイプですね。人気は残念ながらアンダークラスなのですが、まだ19歳くらいですしこれから推されていくことで飛躍が期待できます。

 

そんな、ひなちまですが今回は大きな見せ場がありました。樋口さんは赤チームの大将として生贄に登場。問題は中級問題で、過去に樋口さんが番組で披露した「技」の内容を問うものでした。

私のようなライトファンからすると少し難しく感じましたが、メンバーは4人中2人が正解。さすがはメンバーというところを見せ、あと1人正解でセーフというところで最後の回答者である中田さんが間違えてしまいひなちまはあえなくドボン。バラエティのお約束通りの展開となります。

 

ここまでは普通によくあることですが、実は伏線がありました。生贄のひなちまは回答者をチームのメンバーから5人選ぶのですが、1人多く選んでしまった為に泣く泣く能條さんを外すこととなったわけです。

 

ええ、もうお分かりですよね?

 

その能條さんは見事に正解していました。実に惜しい状況で悔しいドボン。ドボンしたひなちまの顔面は白い粉まみれで、どこか京のおしろいをした美人さんを彷彿とさせるものがありました。

 

さて、ここまで非常に簡単に番組を振り返ったわけですが、

おらちゃん、何で最近の乃木坂工事中がこんなにも面白いのか掴めましたか?

 

おらちゃん「おらにはわかんね。難しいことはわかんね」

 

そう言わずに何か探してみようよ。

 

おらちゃん「そうだな。松村、生田、生駒、高山といったバラエティクイーンとか言われてた尺取りの常連さんが全員いないことが面白い原因かな」

 

おお、おらちゃん毒舌だねえ。要するに新鮮だったってわけだね。色んなメンバーの活躍が見られる状況は予てからファンが待望してたものでもある。特定のメンバーだけで回す固定的な状況からの脱却は既存のファンにとっては嬉しいはずだ。

でも、おらちゃん、これを初めてみた人でも今日の内容なら面白いと感じるはずだけどそれについてはどう思うかな?深夜番組ってこんな感じでゆるーいイベントが続いていくのが理想だと私は思うんだけど。

 

おらちゃん「おらにはわかんね。おら難しいから寝る」

 

そう言っておらちゃんは私のベットの毛布にくるまって眠ってしまった。

あの、乃木坂にどハマりしたころの乃木坂ってどこ?ならぬ乃木坂工事中が帰ってきた。なぜだかは私にはよく分からないが帰ってきたことだけは確かなようだ。

 

月曜日を迎えたジルさん

ジルさんの乃木坂46な日々 vol3

f:id:persist2222:20170913201218j:plain

前列左の肌の白い子が渡辺みり愛ちゃん

 

こんばんわ。

 

今回は渡辺みり愛ちゃんのSRについて書き記したいと思います。

 

その前に現在の立ち位置を確認しておきます。

 

西暦は2017年。

AKB48銀河連邦軍が、まだ乃木坂アンダーに対して併合を宣言してはいない時代。

 

ところで渡辺みり愛ちゃんを簡単に定義化すると、

皆さんはどのようなイメージを抱くでしょうか?

 

私には、みり愛という存在はつかみどころのない雲のような印象がありますが、

強いて表現するとすれば以下のようになるでしょう。

 

みり愛は雪ではありません…

 

そうです。当然ながらみり愛ちゃんは雪ではないのです。

しかしながら雪が降るという現象はとてもみり愛ちゃんのイメージにぴったりなのです。

 

雪が降っている。みり愛がそこにいる。私はみり愛を見ている。

 

仮に世界の様相をそのように表してみると、

私が見たいのはみり愛であるにも関わらず、私が見ているのは雪でしかないことになります。

 

そこで考えられるのは、やはり、

 

みり愛は雪ではありません…

 

という言明になるのです。

 

 

ここで、みり愛はみり愛であって、雪は雪だよ、という当然の素朴な言明を思い浮かべる方々もおられるかとは思いますが、みり愛は雪ではないですから、みり愛とは雪が降っているときの情景に必須ないわばアイテムのようなーそれは指標的な意味をも持つ―きわめて限定的な、みり愛という記号性でもあるのだと思います。

 

そこでもう少し考えてみると、みり愛ちゃんとは一体何者なのでしょうか?

 

私はそんなことを考えながら、みり愛ちゃんのSRをこんこんと見るわけです。

1人では不安だから、れなち※二期生の山崎怜奈ちゃんと一緒にわいわいきゃっきゃっと楽しそうに話すみり愛ちゃんはとても愛くるしい。そして怜奈ちゃんも可愛い。

 

ここで、冒頭のみり愛ちゃんの定義化の話に戻りましょう。

渡辺みり愛、18歳、始まりの日は、11月1日。みり愛の誕生日…

 

みり愛とは、愛し合うことから始まる複雑なテーゼなどではない

 

今を…今を生きること、それがミリオンラブ…

 

みんなへの愛ではないかと、

 

悠久の夜更けにココアはやっぱり森永を飲みながら感傷に浸るジルさんより

 

参考 レヴィナスイリヤ

ジルさんと乃木坂46な日々 vol2

f:id:persist2222:20170913074028j:plain

www.youtube.com

おはようごぜーます。

今回は乃木坂46の18枚目シングル、「逃げ水」の解説をしたいと思います。

 

西暦は2017年9月。

 

まだAKB48連邦軍乃木坂46に対して宣戦布告はしていない時代…。

 

そんな時におらは生まれたんだ。

 

おらは、おらが村からやってきたから、おらは、おらちゃん、、、

ジルさんにはそう呼ばれている。ジルさんはその呼び名をとても気に入っている。

 

ジルさんはおらのことを時折、「君は私のbotなんだ」と呼ぶのだけれども、

おらにはそういう単語は難しくて良く分からない。

 

おらに分かるのは、おらはどうやらジルさんのペットのようなものなんだってことくらいだ。

 

おらはペット

 

透明人間…そんな呼ばれかたはしていない。

 

さて、今回はジルさんと一緒に18枚目シングルの逃げ水に関する解説をしてみます。

逃げ水のMVを見て頂く前に、簡単な予備的な会話シーンをご覧ください。

 

 

 ここに、一人のある桃子ちゃんがいる。

桃子ちゃんは川辺でとある二人の会話を聞いている。

 

七瀬はもうじき結婚するのだが、今回は仕事のあれこれを与田ちゃんに相談するつもりだ。

七瀬と与田ちゃんは仲が良く、いつもこうして二人は川べりの道を並んで歩いていたりする。

 

七瀬「ななね、ずっと、川のそばに住みたかったの」

 

与田「それよりも婚約者と何かあっったんですかぁ」

 

七瀬「喧嘩しただけ」

 

与田「はい」

 

七瀬「ななが買ってた犬がね、むかし死んでしまったんだけど…」

 

七瀬「その時、もっと水があるところに散歩につれていってあげればなぁって」

 

七瀬「だって水の上って何にもないから広くて視界が開けて良いでしょう」

 

与田ちゃんは笑った。

 

与田「七瀬さん、またあの人のことを思い出しているんですか」

 

七瀬は一瞬だけ俯きがちになりながら振り絞るように答えた。

 

七瀬「そんな風に見える?」

 

この後もしばらく会話は続くのだが、正直なところ、

桃子ちゃんにとっては二人の会話は退屈だ。

 

桃子ちゃんは七瀬と決別したあの夜を昨日のことのように感じる。

 

だがおそらく実際は、二人がまた顔を合わせることは万が一にもないだろう。桃子ちゃんと七瀬らの人生は完全に分化しふたたび交差する可能性はゼロに近い。

 

参考・引用 ナラタージュ(p6~7、p224~225) 島本理生

 

ジルさーん、どうですかあああ。おらはジルさんに言われて逃げ水のMV見たけど何がなにやらわからなかったので前提となるシーンを作ってみました。

 

ジルさんは上に貼ってある逃げ水のMVを見ながら颯爽と登場しておらに問いかける。

 

おらちゃん、逃げ水ってのはね、一言で言えば蜃気楼のようなもの、そこにあるんだけど永遠に手の届かなかった人たちの記憶の束なんだ

 

またジルさんは小難しいことを言っておらを煙に巻こうとしている。

 

でもおらは何となく逃げ水のMVの意味が分かってきた。

 

今日もまた、一日が始まる。おらは君におはようを言うんだ。

 

おはよう、ジルさん…。

 

西暦2725年、微笑みのジルさんに抱かれながら。

ジルさんの乃木坂46な日々 vol1

f:id:persist2222:20170912090139j:plain

西暦2017年。

 

まだAKB48連邦軍が、乃木坂アンダーに対して併合を宣言してはいない時代…。

 

こんにちは、そして初めまして。

いや、堅苦しい挨拶は抜きにしてのぎー。

 

今日も平和ですね。

 

本日より日々の乃木坂活動をブログにて書き記します。

 

私の簡単な説明をすると、ご存知の方も多いかもしれませんが、

2chで評論的・表現的・創造的なコメント活動をしています。

 

その延長線上で日々の乃木坂活動を記していきたいと思います。

 

具体的には、

 

乃木坂46のメディア作品に対する感想

乃木坂46の現場活動のレポート

乃木坂46の今後に関するコメント

 

この3点をメインに創造的な表現活動をしていき、うわ・・あqwせdrftgyふ、エビフライを食べたいと思います…謎。

 

さてさて、手始めにジルさんは9月11日に乃木坂46の東京ドーム公演に申し込んだことを発表します。

録画しておいた乃木坂工事中を朝に見てすぐに乃木坂モバイルから申し込んだのですが、今回は東京ドームですから激戦が予想されます。

初めての総合ライブ参戦になりますし、何とか当てたいものです。

 

ここでジルさんの簡単な登録情報

 

男性

31歳

神戸市

単独申し込み

ツアー参加回数0

 

新規の人は当選しやすいと言われますが、この条件でどうなるでしょうかね。

 

運に身を任せて抽選発表の日を待つことにします。

申し込みは9月18日までです、このブログを見ていてまだ申し込んでない人は、2度とあるか分からない東京ドーム公演ですので是非。

 

ところで、私の手元に1枚のCDがあります。

そうです、18枚目シングルの逃げ水のCDです。

 

そこには全国握手会のチケットが1枚。

これまでは握手会は未参加でしたが初めて全国握手会なるものに参加してみようかと思っています。

時は2018年1月6日。場所はインテックス大阪

 

大阪の大会場へ行くことも初めてですし握手会自体も初めてです。

その節はレポートをふんだんに書く予定ですのでお楽しみに。

 

では今日のところはこの辺で。またいつか。

【坂道散策・東京編】東京出張は突然に、君の故郷で眠りたい

 

f:id:persist2222:20170820122945j:plain

写真は東京理科大の金町キャンパス。

 

自営業ではないものの独立した業態の場合、ふいにアクセスが入ることは稀にある。かくいう今回の私がそうだった。そこで、本レポートでは地域から突然東京へと行くことになった場合の過ごし方を綴ります。

期間は三泊四日で、宿泊場所は新幹線停泊駅でもある品川駅前の某ホテル。あっという間のお盆休みを駆け抜けます。

・一日目 品川駅近辺を散策する
おおよそ1時間のフライトで昼頃に羽田空港に到着すると、我々は空港のレストランで食事をとった。羽田空港は、非常にコンパクトに整備された機能的な場所で広々とした施設である。

羽田空港からは、シャトルバスに乗ることを希望していたが、予定を変更して京急で品川まで移動することとなった。京急の梅屋敷あたりから見た品川付近の街々は、同心円状に広がる建築群であり、丁寧に整備された明治の時代の発展形のようだった。この街々を外から見ると一つの城塞のようでもあり、当然ながら都市でもあった。

品川駅につき高輪口から出る。そこでふいに目にした道路に私は感銘を受ける。そこには永遠に近い道がある。私は吸い込まれるようにその道へと向かう気持ちを抑えて、これまた吸い込まれるように小さな路地裏からホテルへと向かう。

何とそこではお盆だからか長蛇の列があった。私はチェックインの為に観念して30分程は並ぶことになった。カードキーを貰うとすぐさま部屋に入り、すぐさま部屋着に着替える。そして2時間ほど仮眠をとる。

起きると気力は回復。30階以上の高層から見る、内部からの品川地域は、私には延々と続く平成の遺物に思えた。しかしながら景色は良い。計算されつくしたかのような建物の配置に、特に上を見るときのビルの角度が良い。未来だ。

未来がここにはあった。

時刻は18時を回り夜の品川を散策することになる。まず初めに品川の水族館へ行き、急ぎ早にペンギンに会いに行く。ペンギンを見終わると次はイルカショーに参加する。イルカをマジマジとみると非常に怖い。非常に気色が悪い。イルカは哺乳類であり知能が高い生物だと認定されているが、ここで舞い上がるイルカは私は訓練された豚に見えた。

水族館を後にすると、ホテルに併設されたフードラウンジへと向かう。そこで私たちは塩の聞いたラーメンを食べる。ただただ旨いの一言であるが、それが何気ない東京での日常なのかと思うと少し私たちは焦燥感を感じた。

連れの人は部屋に戻るやいなやすぐに眠ってしまう。私は一人で歩いて映画館に行き22時からの映画のチケットを買う。ナイトショーなので1100円だ。安い。そして何よりも品川の映画館は颯爽としていて快適であった。

映画を見終わるとコンビニで買い物をしてすぐさま眠りについた。二日目は金町から柴又へ。三日目は日本橋。最終日は大森へと行ったのだがここでは割愛とさせて頂く。